キャバクラの基本知識

キャバクラの求人情報でよく目にする『保証時給・保証期間』って何のこと?

新人キャストがお店に入店すると、前職が「某キャバクラの人気キャスト」でない限り固定客を持っていません。
固定客こそが店舗に継続的に売り上げをもたらす存在。
その固定客を掴むのが、キャストの大きな役割です。
新人キャストの場合、保証時給制度を採用している店舗が多くなっています。
指名客がいてもいなくても、一定額の時給を一定期間保証するのが、この保証時給制度。
この期間に固定客を掴めるように精一杯努力しましょう。

新人キャバ嬢にとって嬉しい「保証時給」

新人時代はまだ固定客がいないので、思うような売り上げや指名がもらえません。
キャバクラは完全実力主義なので、人気のないキャストの時給はどんどん下がってしまいます。
新人キャストも同じ。思うような売り上げは作れませんから、本来なら最低時給で働くのが当然です。

でもそれでは新人キャストが居ついてくれませんし新規キャストも入ってきません。
新人が育たないとお店も発展しませんので、新人キャスト時代は時給を保証して頑張ってもらうのが「保証時給制度」です。

もしお店の最低時給が3,000円であれば、新人キャストはそれよりも1,000円前後高めの時給に設定されるのが一般的です。
またルックスが抜群に良いとか男ウケしそうなど「期待の新人」の場合、お店の判断でもう少し時給を上げる事もあります。
「これだけの時給を保証するから、頑張って固定客を掴んでね」とお店から言われているわけです。

でも女の子中には「営業努力をしなくても時給4,000円もらえるから楽」と勘違いしている子もいます。
新人のうちは珍しさも手伝って固定客が掴みやすい時期なので、この期間にしっかり営業しておかないと保証期間が切れた途端に最低時給に落ちてしまいます。

保証期間にしっかり営業出来ず結果が出なかった場合は、「先月は時給4,000円もらえていたのに、今月は3,000円になっちゃった!嘘でしょ?」なんて事になってしまいますよ。

じゃあ「保証期間」とは?

新人キャストに頑張ってもらうため、売り上げや指名本数に関わらず時給を一定額に保証するのが「保証時給制度」ですが、この保証期間、永遠に続くわけではありません。
お店によって保証期間がある程度決まっているのです。

保証される期間はキャバクラに入店からだいたい1~3か月

新人キャストの時給保証期間は、新宿や六本木にある高級店では約1か月、それ以外のエリアは約2~3か月が目安です。
高級店の方が保証期間が短いのは、フリー客が多く顧客を掴みやすい事と早く結果を出す事が期待されているから。

この保証期間内はノルマや罰金もないのでストレスなく勤務出来るのがメリット。
でもだからと言って何の努力もせずにだた何となく仕事をしていると、保証期間が切れた時に大きなショックを受けてしまいます。
モチベーション維持のためにも保証期間内に営業をして、一人でも多くの顧客を掴む事です。

最初が肝心!保障期間内に努力すること

キャストの仕事を長く続けようと思えば、新人時代の営業活動が大事。
新人キャストの頃は「新しい女の子が入ったって?へえ、どれどれ」と固定客もフリー客も興味津々ですから、場内指名も取れやすいんですね。
新鮮味のあるうちにフリー客にどんどん営業を掛け、お得意様をゲットするのが一番。

営業活動は主に、

・(フリー客に対して)メールアドレスや電話番号・名刺の交換
・メールや電話でお店に遊びに来てもらえるように連絡を入れる
・アフターにお付き合いして親交を深める
・丁寧な接客で居心地良い空間を作る
・笑顔で接客する

などです。一人でも多くの固定客を掴み、営業成績を残しておくと保証期間が切れてもダメージが少ないです。

まとめ

新人キャストを守り、安心して営業活動をしてもらうために保証時給期間が設定されています。
この時期に出来るだけ努力して、多くの顧客を掴むのが成功への鍵ですよ。