キャバクラの基本知識

キャバクラに身分証を提出するのは不安!ナゼ『身分証』が必要なの?

身分証を提出することは風営法で決められている

キャバクラの面接に行くと、提示を求められる身分証。履歴書は必要なくても、身分証だけはしっかり提出させるお店があるのは何故でしょうか?
実はこれ、法律と関係しているんですね。

キャバクラでは以下のような方は基本的に入店お断りされます。

・18歳以下の方(18歳以上でも女子高生の方もダメ)
・外国人(ただし、永住権を持つ方、定住している方などは除く)

これら「雇ったらアウト」な方々を特定するために、本人確認書類が必要なのです。
18歳以下の方を雇用すると風営法、労働基準法、児童福祉法などの法律に違反する可能性が高くなり、もし摘発されると雇った側が罰せられるため、年齢確認のために顔付き身分証を提示して欲しいと言われるわけですね。

18歳未満の女の子かどうかを確認するために、面接時に顔写真付きの明分証明書を提示させます。
運転免許証やパスポート、住基カード、学生証、在留カード、外国人登録証(永住)などが有効です。
また日本に永住権のない外国人も雇うとアウト。「不法就労助長罪」になります。こちらは労基法ではなく入管法違反ですね。
最近は人手不足のため、不法滞在している外国人を雇用する会社やお店が増える傾向にあり、それらを規制するための法律が入管法になります。

この入管法をクリアするために必要なのが、本籍地記載の住民票です。
本籍地の記載がないと意味がありませんので、住民票を取得する際は「本籍地と世帯主全員を記載した住民票をください」とお願いしてください。何も言わないと本籍地を省略されてしまいます。

身分証の提示を求めるキャバクラは優良店の場合が多い

身分証をしっかり提示させるお店は優良店である可能性が高いです。特に長年運営している老舗店は違法行為とは縁遠くありたいもの。
もし警察から摘発されようものなら、お店の経営が立ちゆかなくなるからです。
また「新宿で25年も運営していた老舗キャバ店が、風営法違反で摘発された」となると、それまでのクリーンなイメージが壊され顧客からの信頼を一気に失うリスクも。

そのため、18歳以下の女の子や女子高生、外国人など法律に抵触する、または社会的に問題が起こりそうなキャストは最初から排除します。
それくらい用心深く運営しているお店は違法行為に手を染める可能性も低く、働きやすい優良店である可能性大ですよ。

不安なら身分証の現物を提示のうえ、コピーを提出でもOK

「でも、そうは言っても身分証を預けるのは怖いし…」
「悪用されたらどうしよう?」
「もしお店を辞めたら、実家にお店のスタッフが乗り込んで来るんじゃないの?」
そんな不安ももちろん分かります。
もし不安なら身分証の原本を面接担当者に確認してもらい、コピーを預けると言う方法もあります。コピーであれば悪用されるリスクはかなり低くなるからです。

この場合、「心配なので原本は渡せません」と素直に交渉しましょう。
もし身分証を悪用しようと思っているお店だと「それでは困る」と言うかもしれませんね。逆に「何で原本でないとダメなのですか?」と聞いてみると良いですよ。
優良店は女の子に安心して働いてもらう事を第一にしていますので、女の子が嫌がる事は基本的にしません。
お店の対応を見て信頼出来る店舗かどうかを判断しても良いですね。